超小型CANON EFマウント搭載デジ一眼作ってみた

SBSH0150.jpg

世界最小EFマウントデジタル一眼!

言ってみたかっただけです
ただの魔改造です、すいません
学生のときよく活躍したSONYの名機、Cybershot U10を自室で発掘
単四乾電池2本で動くというのもウリのひとつ、その辺にある電池をいれて起動
愛嬌のあるビープ音がピロッと鳴って内蔵時計の設定画面が表示された
無事カメラが起動したものの表示されているプレビューがボケボケではないか…
半押ししてもAFがちゃんと動いていない模様
残念なピンボケ専用カメラになってしまった

こうなればやることは1つ、まずバラす
とりあえず木っ端微塵にばらしてセンサーとAFユニットだけにしてからグリス固まってないかなと見てみるも回復せず
ちょっぴり悲しくなってきたので放置して不毛地帯を見る
ドラマの展開に余計悲しくなりつつふと思いついた
フランジバック的になんか適当なレンズつければ使えるんじゃないか…

SBSH0151.jpg

とりあえずAFユニットのフレキ外して起動してみたらエラーがでてプレビュー画像が表示されない
どうやらAFユニットの中にあるメカシャッターが絞りを兼ねているのでコイツが重要っぽい
ということはレンズを除去してしまえば直焦点化できる
ガラス玉様には大変申し訳ないがラジペンとマイナスドライバーでシャッターに傷付けないよう丁寧かつ大胆に玉を抉りとる
シャッターの前に2枚、後ろのAFユニットに2枚の4枚2群の単焦点構成
これで動かなくなったらただのゴミになるのでドキドキしながら再度組み立てる

緊張したせいかストロボユニットにオサワリして左手に電撃を受ける
当然とても痛い、手に持っていたカメラは宙を舞い床に叩きつけられた…(‘A`|||
微妙に痙攣する左腕を押さえながら、おさまれ俺の左腕!などと考えつつカメラの安否を確認
打ち所がよかったかフレームがちょっと歪んだぐらいで無事のご様子
気を取り直して電池いれて電源いれたらちゃんと起動した、よかった…

そのへんに転がっていたPentax製Auto110のレンズを前にかざしてみたところちゃんと合焦する
当たり前のことに感動しつつ、さてレンズをどうやって固定したものか…
ガラクタ箱を漁るとEFマウント用マクロエクステンションチューブの片割れを発見
カメラ側マウントは例のホースマン用バックを作った時に拝借したのでレンズ側マウントのみになっている、まさに適役
当然マウントは巨大すぎるのでどうやってU10本体にくっつけてやろうかとガラクタ箱を再度漁る
プラ板の切れ端を発見したので真ん中に穴あけてパテでドッキングさせることにした

SBSH0152.jpg

久しぶりのエポキシパテ、寒すぎてカチカチなのでPCモニターの上にのせて暖める
適度に軟くなってきたところでコネコネネリネリ
小学校で土器を作った時のようにミミズ状にしていきなりカメラにベチョリ
プラ板のセンター穴とカメラの穴をあわせてぐいぐい押し付ける
平行は適当すぎるとティルトして悲しいことになるので水平器を乗せて板とカメラの水平を出す
硬化時に膨らんだりしてずれないよう頻繁に位置調整をしつつある程度固まるのを待つ
ある程度固まってきたのでまず試運転、ちゃんと写ってひと安心
あとは反らないように位置を保持できるようスペーサーいれて放置して寝る

DSC02057.jpg
Sony CybershotU10 + Canon EF50mmF1.8II

当然やっておかないとイケないのは焦点距離計算!
U10のセンサーサイズは対角1/2.7インチ正方形で中心の4:3をトリミングしているようなので、これをミリに直して対角線9.4074259mm、縦横約6.6520545mm
4:3トリミングなので6.6520545:4.9890409、直角三角形なので対角線は8.3150681mmのはず
35mm版の対角線は43.27mmなのでこれを割って倍率は約5.2倍
よって50mmのレンズは35mm換算だと260mm相当になる…
200mmをつければ1040mmの望遠鏡だ

DSC02063.jpg
Sony CybershotU10 + Canon EF50mmF1.8II

朝起きたらばっちりパテはカチカチに硬化していたで早速レンズつけて窓あけて屋外を撮影
案外しっかり写るもので、露出もセンサーがプレビュー時に測っているようでシャッター速度調整とシャッターが兼用している絞りがしっかり動作している模様
問題はひとつ、1インチの液晶プレビューでピントを合わせるのはかなり難易度が高い
おおよそピントが来ていると思われる部分が広い、所謂ピントの山の裾野が広大という状態
頂点を予測してこのへんだろうと思った位置を採用するしかない…

DSC02069.jpg
Sony CybershotU10 + Canon EF50mmF1.8II

130万画素CCDは優秀で最近の800万画素携帯よりちゃんと写るんじゃないのとご満悦
ホワイトバランスも意外と正確で青空もそこそこ綺麗に出ている
ちゃんと動くことが確認されたのであとはこのミスボラシイ外観をちょっと綺麗にしてやりたいところ
そして手持ちのEFレンズを片っ端から試してみるのだ…

“超小型CANON EFマウント搭載デジ一眼作ってみた” への2件の返信

  1. カメラは全然は詳しくないけどなんだかすごいことをやってのけたことは分かった気がするです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA